国立アーティストファイルTOP   国立で音楽を!TOP


 
 
国立Artist File沢登 秀信
1st Album
強引に My Way
2nd Album
みのるふるさと
マキシCD
カサブランカ
マキシCD
ピンクのライオン
  


 −沢登 秀信− 1963年生まれ。

 待ち合わせは、大学通りのスカイラークガーデン。
 ライブはまだ見ていなかった。
 電話では話しているものの全くの初対面。
 緊張して待っていると、そこに現れた沢登氏はサンダル
 をはいていた。いや、本当は緊張のあまり覚えていない。  
 
 しかし、下駄でもなく、ビーサンでもなく、茶色っぽいサン
 ダルを、裸足で履いていた。つまり、そういう雰囲気。
 

 日本のみならず世界各地をギター1本抱えて歌い廻り、
 テレビ・ラジオにも多数出演。18年のキャリアを持つ
 沢登氏はその時

  “何の色も発色していなかった”
 
 ただ透明な川が、そこに流れているような。

  すべては歌を聴けばわかる…ということだ。

 お茶を飲みながら、歌と人生を語ってくれる。
 楽しくなって私もいっぱい喋っちゃった… 

 喋るノドと歌うノドは違うので、毎晩ストレッチをして良い
 状態をキープしている。
 具合が悪くても大声で歌うと直っちゃう。
 脳内麻薬(アドレナリン)が発生し健康に良いのだ。
 
 若い頃は情熱の泥水の中、自分の事がよくわからない。
 ただやみくもに突き進んできたが、年齢を経るごとに泥
 水が澄んできて、見えてくるものがある。
 
 自分のどこを直せばいいのか?がわかると、無駄な動
 きをしなくてすむ。自分の事がわかると、人の事も認め
 られるようになる。
 
 30代の頃は、18,9の頃に作った歌は、恥ずかしくて
 歌えなかった、が今では、未完成な部分も歌っていい
 と思う。「こういう気持ちもあるんだ」と。
   

 みんなが知っている曲をカバーすると、ライブが盛り上
 がる時がある。(なつかしい〜みたいな)
 お客さんが喜んでくれればいいかな…と思った時期も
 あったが、やはり自分は「シンガーソングライター」で
 ありたいと思う。
 生活の中からじっくり湧き出てくる伏流水のよう
 なものを歌にして伝えていく宿命。

 歌を作って、表現していくことに使命感を感じている。
 心が通じ合う世界になりますように…
  











2005,4,8(fri) 沢登 秀信 With 菅原 賢 Live at 国立 地球屋








 桜が咲いてにぎやかな大学通り。
 あわてて地球屋に飛び込むと、ライブはもう始まっ
 ていた。和やかにMC中。 
 「自分のライブを録音して後から聞くと、やたらに話
 が長い!だから今日は短めにどんどん曲をやりま
 す〜」お客さんも、ベースの菅原さんも笑いながら
 ウンウンとうなづいている。

 しかし曲が始まると!!!
 歌声もギターも大迫力、揺るぎない、厚みのある、
 音色に、太くて渋いベースが重なる。
 ステージからの音圧が正面から直撃してくる感じ。

 テンポの遅い曲でも(もちろん早い曲でも)リズム
 が気持ちいい。
 まずギターのカッティングで心地よくなり、そこに声
 がからんでくると、まさに“芸”とも呼べる至高の
 アンサンブル、そこにベースが「これしかありえない」
 究極のからみかたをします。
 
 表現できない自分が悔しいけれど、仕方ないと思う。

 生まれて初めて見たものを的確に判断するなんて
 まず無理。
 「えっ!何これ?なんていうジャンル?言葉にする
 とどう言えばいいの?」

 フォーク・カントリー・シャンソン・ロック・演歌…
 全部違うけどテイストはあるような?
 今まで聞いた音楽のカテゴリーにあてはめようとす
 ると頭が混乱するのであった。

 “沢登ワールド”は果てしなく奥が深い。
 1回や2回ライブを見たってわかりっこない。
 そうだよ、わかんなくていいんだ。
 ただ1曲1曲を味わえばいいんだよね。

 とにかく衝撃を受けた。嬉しかった。
 なんか歳とっちゃったなぁ…なんて思ってたけど、
 まだまだ人生には「初めて見る」ものがあるんだ!

 もうすぐお誕生日ということで、客席から花束が…。
 ほんとに感激して受け取っていました。いい感じ。
 
 それが歌うと豹変する。是非ライブを見て! 

 〜音Keyword〜 

 ボブ・ディラン好きな方にはわかりやすいかも レインボーギャザリング やまなし ふるさと
 ライブに来てくれる方=年上の奥様 孤独なライダー 様々。話をしてみると純粋な方が多い。
 風水ではムラサキなんだなぁ。

 国立よもやま話

 緑が多く、山梨を思い出す。谷保天満宮のお祭りはすばらしい!東北地方の伝統にも負けてないと思う。
 国立の風景の中から生まれた曲がたくさんありますね。
 一方、大学他教育施設がいっぱいあるのに、学生街という感じがしないよね。
 芸術系の文化は若者がひっぱっていくものなのに、活気がない。技術や情報は持っていても、パワーがないから
 社会全体に与える影響力が減っている。もったいない。
   

沢登秀信のHPへ



国立ファンタジスタ トップ