MIXY MUSIC DIARY  2006/3/18  >MENU


サロン・ド・ノアン 音楽家の個展シリーズ

分山貴美子 くちぶえコンサート

最初のご挨拶、ちょっと緊張!? やさしい笑顔が印象的です。

分山貴美子さんは、日本ではまだまだ数少ないプロの「くちぶえ奏者」
として活躍中のアーティスト。ジャンルにとらわれず様々な曲を
ピアノを弾きながらくちぶえを吹く…「吹き弾き」というスタイルで
くちぶえで表現したい曲を中心に、ジャンルにとらわれず様々な曲を
聞かせてくれます。

この日は限定20名というソロ・ライブ。1回の公演予定でしたが
電話予約が殺到し、急遽2回公演になった…という事から、
「通」の間では密かなブーム到来中!関心の高さがうかがわれます。

オリジナルCD「同じ空の下」&DVD 分山さんがBGMをオリジナル曲で担当
DVDブック『志ん生全集』

この日のコンサートは香りつき!
分山さんがセレクトした「森林の香り」に包まれながら、演奏を聞いて
いると、森の中で鳥のさえずりを聞いているような気持ちになります。

目を閉じて自然や熱帯雨林を思い浮かべながら聞いていただけると
いいかも…とおっしゃっていました。

・くちぶえ
・くちぶえ+ピアノ
・ボーカル+ピアノ+くちぶえ
・ウクレレ+くちぶえ

  と
スタイルをかえながら
演奏していきます。


幼い頃から身近に感じていた口笛の音色。
でもよく思い出せば、こんなにちゃんと聞いたことはなかったかもしれない。
時には鳥や動物の鳴き声のような、時には風が何かを切り裂くかのような…。
温かい音、澄んだ音、尖った音、優しい音、様々な表現ができる「楽器」と
しての口笛演奏を生で聞いたのは生まれて初めてと言っていい。

「自分が好きな風景を頭の中に描き、それを表現するために、くちぶえや歌、
ピアノやウクレレを用いています。」という分山さん。
絵本を読むようにトータルなイメージを伝えたいと創作するオリジナル曲は
歌詞を読むと更にそのイメージが伝わってきて、アーティスト・作家としての
一面を感じることができます。

プログラム終了後、アロマテラピー専門店「ヴィ・アローム国立」
のスタッフの方より、香りに関してのお話がありました。
写真右は、会場に香りを漂わせているところ。
   
分山さんはくちぶえ教室の講師としてもご活躍中。生徒さん方が見に来ていらっしゃいました。
「皆さんもふいてみましょう!」と吹き方のレクチャーがあり、何度か練習の後、
きれいなハーモニーが生まれました。くちぶえの合唱も初体験!
誰でもどこでも気軽にできるのがくちぶえの魅力のひとつ。
うれしいことに国立でもくちぶえセミナーが開講される予定です。
無料体験レッスン受付中!詳しくは→こちらから

分山貴美子さんのホームページ→こちらから

サロン・ド・ノアンの「音楽家の個展シリーズ」はアーティストの方を間近に見られる
貴重なイベントです。時々チェックしてみてはいかがでしょう→こちらから

          home