MIXY MUSIC DIARY  2005/12/17  >MENU


サロンハイティー バイオリンコンサート

高橋卓也 in サロン・ド・アントンカール

 〜クリスマスハイティーMENU〜
  Egg Nog 赤ワイン サンドイッチ2種 色々お豆のサラダ&パテ クリスマスケーキ
 その他スウィーツ クリスマスプレゼントつき

 〜コンサート〜 バイオリン:高橋卓也  ピアノ:舞鶴真卯
 曲目/白い恋人たち 冬のソナタのテーマ チゴイネルワイゼン クリスマスイブ 他

高橋卓也

ハイティーコンサート…、ちょっと耳慣れない言葉かもしれません。
なんでも、おいしいお食事やスウィーツ、お茶やアルコールをいただいた後に、素敵な
コンサートを楽しめる…という至福のひとときを過ごせるとか…。
少し早めのクリスマス、ちょっとおしゃれをして楽しんできました…。

高橋卓也 高橋卓也 高橋卓也
この日はたまたま、雑誌「散歩の達人」の取材が来ており
お食事の前に少し撮影の時間がありました。
どんな記事になるんでしょう?そちらも楽しみ!
クリスマスらしいテーブル
セッティング。プレゼントの箱も
あります。ワクワク〜
まず乾杯はエッグノッグというお酒。
卵白と生クリームが入ってフワフワ
生まれて初めて会うお味。
生ハムをりんご、なしと一緒に。
サンドイッチ2種。
ボリウムたっぷりのパテと、色々
お豆のミックスサラダ。特製の
ベーコンがまいてありそれも美味。
クリスマスのパン“シュトーレン”
ケーキ、クッキー、チョコレート
他、女性にうれしいスウィーツも
いっぱい。
クリスマスブレンドティーと一緒に
楽しみます。

高橋卓也 高橋卓也 高橋卓也
美味でお腹を満たしたら、今度は音楽で心を満たしましょう。
お待ちかねのコンサートが始まります。
まずは“アメージンググレイス”でスタート、名前は覚えていないけれど、
聞いたことのある曲が続き安心して聞き入ることができます。

こんなに近くでバイオリンを弾いている所を見るのは初めて!
高橋氏は曲が始まる前に、大きく息を吸い込みます。
ちょうど歌手が歌う前にするような感じ。きっと曲中も小節やフレーズ
に合わせてブレスをしているんでしょう。
体で歌う…というのは楽器でも同じことなのですね…。
高橋卓也 高橋卓也 高橋卓也
曲の合間には楽しいおしゃべりが入ります。
作曲家や作品についてのお話や、バイオリンという楽器の特性などなど。
バイオリンの弓は馬の尻尾の毛でできているそうな!しかも白い馬が最適!
なのだとか。
一番右の写真は、説明しながら外して見せている所です。ビヨ〜ンって。

会場のお客さんが鈴で参加した「クリスマス・イブ」、ピアノの前奏が始まると
思わず歓声が…「冬のソナタのテーマ」他、約1時間のステージはあっという
間に過ぎ、ラストの曲はチゴイネルワイゼン。
よく耳にするクラシックの名曲ですが、間近で見る演奏の迫力に圧倒されました。
ものすごく早い手の動き、音の強弱をつける時の魂のこめ方…など、すごい!
としか言いようがないんですが、とにかくとり肌がたちました。


MC中は優しい笑顔が素敵な高橋氏、演奏中は曲の雰囲気によって
時に力強く、激しく、そのギャップにすっかり魅了されてしまいました。

アントンカール サロンハイティーコンサート 今後の日程は→こちらから

国立アーティストファイル高橋卓也     バイオリン教室

          home