この街には素敵な大人がたくさんいます 


  あああああ和菓子

和菓子

一月 花びら餅
タイトル


  宮中では古くから「歯固の儀式」として 固いものを口に
  することで齢を固め、長寿を願う風習がありました。
  これが伝承される過程で生まれたと考えられている「菱葩」
  (包み雑煮とも呼ばれていた)が花びら餅の原形とされて
  います。

  白餅を丸くのばし、小豆汁で染めた菱形の餅を重ね、牛蒡
  (押し鮎に見立てたもの。鮎は年魚と云われ正月の魚とし
  て珍重されていた ) と、白味噌仕立ての味噌餡をのせて
  二つ折りにしたもので、現在のような形は明治中期頃に
  完成されたものです。

  また、茶の湯では、明治時代に裏千家玄々斎が禁裏より許
  され「花びら餅」の名で初釜に用いるようになったのが、
  始まりとされています。

  このように花びら餅は、気位が高く気品を備え、風雅で
  洗練し尽された茶席菓子です。
  新年には年の始まりにふさわしいこのお菓子を、お薄と
  共にお楽しみ下さい。

前回の和菓子便りへ     一真菴のお店のページへ

HOME