この街には素敵な大人がたくさんいます 

国立 散歩集  谷保天満宮のあじさいまつり編

谷保天満宮

            おや!?見慣れたはずの谷保天満宮の風景に可愛いピンクののぼりがたくさん!
            先日の“梅まつり”の時にはたしか何もなかったような…。

            「あじさいまつり」開催中!なのでした。

 参道に沿ってのぼりが並んでいる。

 風向きのせいか、どれもが反対向きになって
 いておもしろい。

 等間隔に並んだのぼりに期待が高まります。

 どんなあじさいが見られるんでしょう?
 いい感じの看板。風にゆれてる。
  (お化け屋敷をちょっと思い出した)

 何て読むのかなぁ。

 “てんてん” “てんまん”のどちらかだと
 思うのですが…。
 まずは梅林の方へ足が向く。

 入り口付近にあじさいが咲いている!

 しかし1ヶ所だけ(!?)


 単細胞なもので、「この間梅が咲き乱れて
 いた場所が、今度はあじさいでいっぱいに
 なっている!」図を想像しちゃってました。

 そんなわけない、のでした。

 鮮やかなグリーンの葉が茂り、青梅がいっ
 ぱい実っていましたよ。
 では、あじさいまつり会場はどこだろう?

 境内の方へ向かうと、いた!いた!
 今日はみんなかたまって一所にいました。

 このユニットの紅一点。
 白い鶏が女の子です。
 広い境内を見渡すも、いたって普通通り。
 石碑の裏に1ヶ所、あじさい発見。

 しかしこれでは“まつり”とは言わない
 はず。

 あじさいまつりは一体どこなの〜?
 本堂の脇をさらに進んで行くと…

 おぉーっ!
 のぼりがたくさん!
 本拠地に近づいたようです。

 わくわく〜

  やっと来ました祭り会場へ!
すごい存在感です。

色々な色・形があり、
びっくり。
 池を縁取るように、あじさいが植えられていて

 見上げるように眺めることができます。

 丸い形がいくつもいくつも重なっているのが、
 目に新鮮。

 サブリミナル効果のある絵を見ているような気分。
 何か別の形が浮き上がってきそうな…。
あじさいは梅雨の時期、よく目に
する花だけど、こうして様々な種
類が咲き誇っているのを目にす
ると、全然知らない顔を持ってい
るような気がした。

身近にあり過ぎて普段は気づか
ない不思議な魅力を感じる事が
できます。

ほら、

おいで、おいで、って

聞こえてくるような…。

前回へ          HOME