この街には素敵な大人がたくさんいます 



バロック舞踏講座

開催曜日 スタート 対象 期間 回数 レッスン時間 レッスン形態
月曜日 随時 大人 常時 月2回 1回90分 グループレッスン

  担当/村井 頌子 先生



この日は練習の前に発表会の
ための衣装選びが行われて
いました。
光沢がありゴージャス!
宮廷舞踏会の衣装を再現
しています。
かかとに特徴があるシューズ。
何色かの中から好きな色を
選んで。
「バロック舞踏」とは?
17〜18世紀頃、フランスのヴェルサイユ宮殿をはじめ、西洋各地の宮廷で行われていた舞踏会
で踊られていたダンスです。
メヌエット、ジグ、ガヴォット、サラバンド等の楽曲を用いて、当時の宮廷舞踏会の雰囲気を再現。
現代とは異なる穏やかで優雅な表現を練習することにより、気品漂う美しい動作やマナーも
覚えることができます。
バレエや社交ダンス、舞曲の原点になった…と言われるこの時代。
ダンスや音楽を学ぶ方には、そのルーツ・基本を体で会得し、自分の表現に活かしていくことが
できます。
また、「あまり激しい運動は得意でない…」という方にも、心地よくくり返すリズムに合わせての
ダンスはちょうど良いかもしれません。
ステップを覚えたら、腕のふり、首の角度、姿勢他、自分の体を美しく保つことに気をつけてみま
しょう。 日常の立ち居振る舞いもきっと美しくなるはずです。
取材当日の出席者は初心者コース・入門コース併せて12名。(内男性はお一人)
30代から60代までの大人の方が集まっています。
まずは輪になった形から始まるフォーメーション。
実は男性役と女性役に別れて、ペアを組んでいます。
男性役は男らしく、女性役は女らしい動作を心がけながら踊ります。

前回の練習を思い出しながら、お互いに教えあい和気藹々、笑い声が響きます。
7月1日に講師である村井頌子先生が 開催する、
モーツァルト生誕250年記念特別セミナー「モーツァルトとダンス」
生徒の皆さんはこちらにご出演のため、この日はリハーサルが中心。
通常のレッスンとは若干内容が異なっています。
舞台への登場の仕方や振り付けなどの細かいチェックが行われ、皆さん緊張の面持ちに。
納得がいくまで振り付けや相手役の方との確認をしていらっしゃいました。



セミナー出演レポ      国立楽器のページへ       レッスン&スクールTOP

国立楽器 北口店
〜大人のための音楽教室 スコーラ・デ・ムジカ〜

国立市北1-4-3  042−573−1111
営業時間10:00〜19:00 火曜定休日

HP

home