この街には素敵な大人がたくさんいます 



店の中は、とろりとした空気で充満している。
密度の濃いオーラが建物から外へも、漏れ出している。

ロージナ

ロージナ     昭和28年にオープンした“ロージナ茶房”
    今年で50周年を迎えるが、特別な催しは
    ない。今までもずっとそうであった。

    “ さりげなく時を重ね続けていきたい”
    この店のマスターの意志である。
    残念ながら昨年、初代マスターはお亡く
    なりになったが、その存在感は何も変わ
    る事はない。

    建物・椅子・マッチ・・・そのデザインは、
    画家であり、執筆家でもあったマスター
    の手によるもの。店内のいたるところに
    置かれた芸術作品のコレクションは、
    私達が日々忘れている“感性”に触れる。
    
ロージナ
1F

開店当初は1階部分だけだったが、2階、 地下1階と順に増築していった。
それぞれの階に、少しづつ違う表情がある。

ロージナ ロージナ ロージナ
2F奥 2F 地下1F
昔から一橋大学との関わりが深く、先生方や学生さんに愛されてきた。
地下のフロアでは、ゼミの続きが行われる事もあった。
そんな学生さん達のためだったのか、ロージナ茶房のお料理はどれも
量が多い。女性どころか男性ですら、一人で食べきれない方もある。
けれど、ずっと変わらない。
それは「みんなで分け合って、楽しく食べて欲しいから」
シェアして食べるスタイルは、今でこそ良く見かけるけれど、50年前から
の提案。重みがあります。

ロージナ

昔の学生は良く喫茶店で何時間も勉強していたが、今はほとんどいなくなった、
と語るマネージャー(番頭さん!?)の長谷川さん。
2時間3時間といても居心地の良い空間でありたいと願ってきた。
ボーっと過ごす時間の贅沢を思い出して欲しい。

たしかに最近は、早く出てくるコーヒーばかり、飲んでいたかもしれないな・・・。

しかし、変わらぬ伝統もあります。 新入生を迎える季節には先輩から後輩への
【洗礼】ロージナ茶房の激辛ザイカレーを食べきると、一人前と認められます。
始めは涙を流しながら食べていても、その後やみつきになる人も多い自慢の名
物カレーです。

お食事のメニューはその他にもパスタ、ピザ、グラタン、アラカルト等たくさん種
類があります。

ロージナ ロージナ ロージナ
   ケーキもおいしそう!
   国立にある洋菓子店
   から毎日届くもの
   オリジナルのプリン
   やチーズケーキは
   ボリウム満点
    その日の気分で
     お選び下さい
                                              
    ランチもあります。

    毎日15種類!もの中から選べて、
    サラダと紅茶かコーヒーつき。


    こちらはシメイビール。
    ベルギーの修道院で作られている、
    醗酵しているビールです。

    アルコール度数が高いのでワイン
    のように時間をかけて飲みます。
              → 
ロージナ
ロージナ 地震の時もあまり揺れないというこの建物
の中は、懐かしくもあり新鮮でもあります。

遠い過去にいるような、

    或いは未来のような、

        少なくとも、さっきまで

            いた現在とは違う時間。
親子2代、3代に渡って愛され、それぞれの歴史、思いでを飲み込んでここに建ち続ける。
これからもずっと。

ロージナ茶房
東京都国立市中1-9-42 042-575-4074
OPEN9:00〜23:00

地図

お店の一覧へ     home